【備忘録】カスタム投稿タイプでもパブリサイズ共有

この記事は約2分で読めます。
Sponsored Links

パブリサイズ共有

パブリサイズ共有とは、WordPressプラグイン「Jetpack」が持つ機能の1つです。

Jetpack by WordPress.com
Jetpack は、WordPress.com クラウドの力を活用してインストール型サイトをパワーアップできる WordPress プラグインです。

新しい記事を投稿する時に、TwitterやFacebookなどのSNSにお知らせ投稿をしてくれるとっても便利な機能なのですが、初期状態では「投稿」「固定ページ」だけが対象になっています。

自分で追加した「カスタム投稿タイプ」でもこの機能を利用したい場合は、テンプレートファイルに以下のコードを追記する必要があります。

コードを追記する

追記する場所

このコードは「外観」→「テーマエディター」→「テーマのための関数 (functions.php)」の一番下に追記します。

functions.phpを間違って編集すると、ページが表示されなくなってしまう可能性があります!要注意!

また、インストールしている親テーマを直接編集するとテーマを更新する際に消えてしまうので、子テーマを作っておくことをおすすめします。

カスタム投稿タイプが1つの場合

例えば、新着情報を投稿するための「news」という投稿タイプを作ったとします。

/* カスタム投稿タイプでもパブリサイズ共有 */
function customtype_publicize_share() {
  add_post_type_support( 'news', 'publicize' );
}
add_action('init', 'customtype_publicize_share');

カスタム投稿タイプが複数ある場合

「news」だけではなく、日記を書くための「diary」という投稿タイプも追加した場合は、先ほどのコードに1行分追記します。

/* カスタム投稿タイプでもパブリサイズ共有 */
function customtype_publicize_share() {
  add_post_type_support( 'news', 'publicize' );
  add_post_type_support( 'diary', 'publicize' );  /* ここだけ追記 */
}
add_action('init', 'customtype_publicize_share');

参考にしたサイト様

Jetpackの「パブリサイズ共有」をカスタム投稿でも使えるようにする方法
Jetpackの「パブリサイズ共有」をカスタム投稿でも使えるようにする方法をご紹介していきます。ご紹介しているコードをコピペと編集するだけで、「パブリサイズ共有」をカスタム投稿で使えるようになります。参考にしてください。
タイトルとURLをコピーしました